研究会概要

挨拶

第28回の抗悪性腫瘍薬開発フォーラムを、2020年2月22日(土)に開催いたします。

今回のフォーラムは、岩田広治実行委員長(愛知県がんセンター中央病院)、江夏総太郎副実行委員長(PhRMA/日本イーライリリー株式会社)を迎え、「ゲノム医療はどこまで進んだか?」をテーマに準備を進めております。

是非ご参加いただけますようお願いいたします。

抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
代表 門田 守人
公益財団法人がん研究会

第28回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム「ゲノム医療はどこまで進んだか?」について

2019年遺伝子パネル検査が保険承認され、本格的にがんゲノム医療の時代に突入した。全国にがんゲノム医療中核拠点(11施設)、拠点病院(34施設:2019年11月時点)、連携病院を指定して、実施体制の整備が進んでいる。しかし現場では、保険適応になる患者さんが不明確、エキスパートパネルを含めた一連のプロセスに時間がかかりすぎる、出口戦略としての新薬開発の治験に繋がる可能性が低い点など、多くの問題が指摘されている。またC-CATに本当に日本人のがん遺伝子情報は集約されるのかも不透明である。本フォーラムでは開始して1年が経過したゲノム医療の現状と課題について、各分野を牽引するスペシャリストに発表いただき、総合討論では課題の解決にどのようなアクションが必要で、今後のがんゲノム医療の進むべき方向性は何かを議論したい。

第28回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
実行委員長 岩田 広治
愛知県がんセンター中央病院

このページの先頭へ

開催概要

名称 第28回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
『ゲノム医療はどこまで進んだか?』
日時 2020年2月22日(土) 午後1時〜
会場 吉田富三記念講堂及びセミナー室AB
(公益財団法人がん研究会がん研究所1F)アクセス
〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
最寄り駅:有明(ゆりかもめ)、国際展示場(りんかい線)
参加費 4,000円(ミキサー費含む)
本フォーラムへの参加は事前登録制となっております。
参加受付 参加受付締切:2020年1月31日(金)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
参加申込み方法 1. HPより参加登録をする。
2. 事務局より締切後一週間程度で参加確認書をメールにて送信
3. 当日参加確認書を持参の上、参加費を受付で納入
※上記の方法がとれない方は事務局にご相談下さい。
事務局 〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
(公財)がん研究会がん化学療法センター
担当:三原
TEL:03-3570-0661 
FAX:03-3570-0484
E-mail: atdd-frm@jfcr.or.jp

このページの先頭へ

第28回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム参加登録フォーム

参加者情報

氏名 (例:山田 太郎)
ふりがな (例:やまだ たろう)
所属機関
(例:○○製薬株式会社)
部局
(例:△△部)
電話番号 (例:03-3570-****)内線
FAX番号 (例:03-3570-****)
メールアドレス
(例:Taro.Yamada@****.com)
住所  〒 -  
所属住所 : 
ビル名等 : 
(例:〒135-8550 東京都江東区有明3-8-*)

研究者間の交流を目的に、プログラムに参加者名簿を掲載しています。
以下のご連絡先をプログラムに掲載する事をご承諾頂けますか?

電話番号 掲載を 
FAX番号 掲載を  
メール 掲載を  

このページの先頭へ

プログラム

1. 開会(挨拶)
13:00-13:05 門田 守人(がん研究会) 5分
2. イントロダクション
13:05-13:10 イントロダクション
岩田 広治(愛知県がんセンター)
5
3. 第一部 ゲノム検査の現状と将来展望について
13:10-13:30 がんゲノム医療推進コンソーシアムの構想と現状・課題
吉田 輝彦(国立がん研究センターC-CAT)
20
13:30-13:50 ゲノム医療における課題と戦略
土原 一哉(国立がん研究センターEPOC)
20
13:50-14:10 ゲノム医療における現実と問題点
武藤 学(京都大学)
20
14:10-14:30 ゲノム医療における遺伝子パネル検査の海外展開と日本の現状
飯島 康輔(中外製薬(株))
20
14:30-14:50 コーヒーブレイク 10
4. 第二部 ゲノム検査をどのように活用していくか、この後の出口戦略と規制について
14:50-15:10 MASTER KEY project/患者申出制度利用
大熊 ひとみ(国立がん研究センター中央病院)
20
15:10-15:30 遺伝子診断の今後の展開~ TissueからLiquidへ~
縣 直樹(ガーダントヘルスジャパン(株))
20
15:30-15:50 ゲノム医療におけるPMDAの取組み
藤原 康弘(医薬品医療機器総合機構)
20
15:50-16:00 休憩 10
5. 総合討論
16:00-17:00   60
6. Mixer
17:00-17:30   30

このページの先頭へ

第28回フォーラム実行委員会

委員長 岩田 広治(愛知県がんセンター中央病院)
副委員長 江夏 総太郎(PhRMA/日本イーライリリー株式会社)
委員 青木 正幸(PhRMA/MSD株式会社)
井口 豊崇(医薬品医療機器総合機構)
石岡 千加史(東北大学)
熊谷 明子(EFPIA-J/ノバルティスファーマ株式会社)
慶徳 理枝子(EFPIA-J/ヤンセンファーマ株式会社)
齋藤 宏暢(製薬協/第一三共株式会社)
柴辻 正喜(国立がん研究センター)
高見 朋子(PhRMA/MSD株式会社)
橋本 順一(製薬協/大塚製薬株式会社)
日野 敬晴(EFPIA-J/アストラゼネカ株式会社)
前田 英紀(製薬協/アステラス製薬株式会社)
武藤 学(京都大学)
吉野 孝之(国立がん研究センター東病院)
清宮 啓之((公財)がん研究会)
冨田 章弘((公財)がん研究会)
藤田 直也((公財)がん研究会)

このページの先頭へ