研究会概要

挨拶

第26回の抗悪性腫瘍薬開発フォーラムを、2019年2月16日(土)に開催いたします。

今回のフォーラムは、飯田真介実行委員長(名古屋市立大学)、前田英紀副実行委員長(製薬協/アステラス製薬株式会社)、齋藤宏暢副実行委員長(製薬協/第一三共株式会社)を迎え、「がんに対する抗体療法の技術革新と新展開」をテーマに準備を進めております。

是非ご参加いただけますようお願いいたします。

抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
代表 武藤徹一郎
公益財団法人がん研究会

第26回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
「がんに対する抗体療法の技術革新と新展開」について

がんに対する抗体療法はキメラ抗体やヒト化抗体など分子生物学の進歩による抗体作成技術の進歩により臨床導入が可能となった。リツキシマブやトラスツズマブなど腫瘍細胞に直接作用する抗体から、ベバシズマブやデノスマブのようながんの微小環境や転移性の溶骨病変を抑制する抗体までその応用は広く、細胞傷害性薬剤や分子標的薬との併用が容易であるという利点を有している。そして、抗体薬による免疫チェックポイント分子の抑制は、新たながん免疫療法の潮流として重要な役割を担っている。
本フォーラムでは、宿主免疫増強を目指した抗体薬の併用によるトランスレーショナル・リサーチと臨床治験、さらに技術革新によりさらなる進化を遂げた抗体の応用であるantibody-drug conjugate (ADC)やbispecific T-cell engager (BiTE)、そして養子免疫療法であるchimeric antigen receptor-T cell (CAR-T)療法の今後の展開について理解を深めたい。併せて細胞免疫療法の我が国におけるインフラの構築や医療コストの視点についても、産官学それぞれの立場から議論を深めたい。

第26回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
実行委員長 飯田 真介
名古屋市立大学

このページの先頭へ

開催概要

名称 第26回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
『がんに対する抗体療法の技術革新と新展開 』
日時 2019年2月16日(土) 午後1時~
会場 吉田富三記念講堂及びセミナー室AB
(公益財団法人がん研究会がん研究所1F)アクセス
〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
最寄り駅:有明(ゆりかもめ)、国際展示場(りんかい線)
参加費 4,000円(ミキサー費含む)
本フォーラムへの参加は事前登録制となっております。
参加受付 参加受付締切:2019年1月18日(金)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
参加申込み方法 1. HPより参加登録をする。
2. 事務局より締切後一週間程度で参加確認書をメールにて送信
3. 当日参加確認書を持参の上、参加費を受付で納入
※上記の方法がとれない方は事務局にご相談下さい。
事務局 〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
(公財)がん研究会がん化学療法センター
担当:三原
TEL:03-3570-0661 
FAX:03-3570-0484
E-mail: atdd-frm@jfcr.or.jp

このページの先頭へ

第26回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム参加登録フォーム

参加登録は締め切りました。

このページの先頭へ

プログラム

1. 開会(挨拶) 5分
13:00-13:05 武藤 徹一郎(がん研究会)  
2. イントロダクション 10
13:05-13:15 イントロダクション
飯田 真介(名古屋市立大学)
10
3. がんに対する抗体療法の技術革新と新展開 1 95
・チェックポイント阻害剤併用療法の新たな展開
13:15-13:35 チェックポイント阻害薬併用の理論から臨床開発まで:NivolumabとMogamulizumab併用も含めて
和田 尚(大阪大学)
20
13:35-13:55 免疫チェックポイント阻害薬の耐性機構の解明とその克服
大植 祥弘(国立がん研究センター)
20
・ADC(Antibody-Drug Conjugate)の新たな展開
13:55-14:15 新規ADC技術の確立:[Fam-] trastuzumab deruxtecan (DS-8201a)の研究開発
我妻 利紀(第一三共(株))
20
14:15-14:35 Brentuximab vedotinによる悪性リンパ腫治療の進歩
永井 宏和(名古屋医療センター)
20
14:35-14:55 Enfortumab vedotin: Novel Antibody Drug Conjugate for Urothelial cancer patients
Hemant S. Bhadauria(Astellas Pharma Inc)
20
14:55-15:10 コーヒーブレイク 15
4. がんに対する抗体療法の技術革新と新展開 2 80
・BiTE(Bispecific T Cell Engagaers)抗体
15:10-15:30 Development and Translational Research of BiTE® Antibody (tentative)
Matthias Klinger( Amgen Research (Munich) GmbH)
20
・CAR-T
15:30-16:00 T Cell Therapy in Hematology: Yesterday, Today and Tomorrow
Mark J. Gilbert( Juno Therapeutics)
30
16:00-16:20 活性型インテグリンβ7に対するCAR-T療法のTranslational Research
保仙 直毅(大阪大学)
20
16:20-16:30 休憩 10
5. 総合討論 60
16:30-17:30 特別発言:上田 龍三(愛知医科大学) 60
6. Mixer 30
17:30-18:00   30

このページの先頭へ

第26回フォーラム実行委員会

委員長 飯田 真介(名古屋市立大学)
副委員長 前田 英紀(製薬協/アステラス製薬株式会社)
齋藤 宏暢(製薬協/第一三共株式会社)
委員 青木 正幸(PhRMA/MSD株式会社)
井口 豊崇(医薬品医療機器総合機構)
川村 学(PhRMA/日本イーライリリー株式会社)
北川 洋(EFPIA-J/ノバルティスファーマ株式会社)
清原 宏眞(医薬品医療機器総合機構)
桐戸 敬太(山梨大学医学部)
高見 朋子(PhRMA/MSD株式会社)
田村 研治(国立がん研究センター中央病院)
永井 純正(東京大学医学部附属病院)
西尾 誠人(がん研究会)
橋本 順一(製薬協/大塚製薬株式会社)
日野 敬晴(EFPIA-J/アストラゼネカ株式会社)
清宮 啓之(がん研究会)
冨田 章弘(がん研究会)
藤田 直也(がん研究会)

このページの先頭へ