研究会概要

挨拶

第25回の抗悪性腫瘍薬開発フォーラムを、2018年6月30日(土)に開催いたします。

今回のフォーラムは、土原一哉実行委員長(国立がん研究センターEPOC)、高見朋子副実行委員長(PhRMA/ MSD株式会社)を迎え、「ゲノム医療実用化の最前線/Forefront practical application of cancer genome」をテーマに、準備を進めております。(第一部は英語での発表、討論を予定しております)

是非ご参加いただけますようお願いいたします。

抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
代表 武藤徹一郎
公益財団法人がん研究会

第25回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム「ゲノム医療実用化の最前線」について

ゲノムバイオマーカーに基づく抗悪性腫瘍薬の開発はこのフォーラムでも数年来議論を深めてきたテーマである。がん組織、細胞の持つ生物学的特性を的確に標的とした治療であれば従来の組織診断の枠を超えて効果が得られる可能性は多くの研究者が予想、期待してきたことであるが、その開発の方法論はtumor-agnostic developmentとして最近急速に注目を集めている。これを可能とするためには精度、feasibilityに優れたゲノム診断の臨床導入と、臓器横断的な診断、治療が可能な中核的な医療機関の整備が必須である。折しも11の中核拠点病院を中心とするがんゲノム医療体制が我が国でも構築された。国が主導するこのシステムを抗悪性腫瘍薬開発のプラットフォームとして充実させられるかどうか、日本の産官学の果たすべき役割は大きい。Tumor-agnostic therapyがすでに実施されている米国の事例も含め内外の演者によるフォーラムを企画した。

第25回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
実行委員長 土原一哉
国立がん研究センターEPOC

このページの先頭へ

開催概要

名称 第25回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
『ゲノム医療実用化の最前線/Forefront practical application of cancer genome 』
日時 2018年6月30日(土) 午後1時〜
会場 吉田富三記念講堂及びセミナー室AB
(公益財団法人がん研究会がん研究所1F)アクセス
〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
最寄り駅:有明(ゆりかもめ)、国際展示場(りんかい線)
参加費 4,000円(ミキサー費含む)
本フォーラムへの参加は事前登録制となっております。
参加受付 参加受付締切:2018年6月1日(金)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
参加申込み方法 1. HPより参加登録をする。
2. 事務局より締切後、一週間程度で参加確認書をメールにて送信
3. 当日参加確認書を持参の上、参加費を受付で納入
※上記の方法がとれない方は事務局にご相談下さい。
事務局 〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
(公財)がん研究会がん化学療法センター
担当:三原
TEL:03-3570-0661 
FAX:03-3570-0484
E-mail: atdd-frm@jfcr.or.jp

このページの先頭へ

第25回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム参加登録フォーム

参加者情報

氏名 (例:山田 太郎)
ふりがな (例:やまだ たろう)
所属機関
(例:○○製薬株式会社)
部局
(例:△△部)
電話番号 (例:03-3570-****)内線
FAX番号 (例:03-3570-****)
メールアドレス
(例:Taro.Yamada@****.com)
住所  〒 -  
所属住所 : 
ビル名等 : 
(例:〒135-8550 東京都江東区有明3-8-*)

研究者間の交流を目的に、プログラムに参加者名簿を掲載しています。
以下のご連絡先をプログラムに掲載する事をご承諾頂けますか?

電話番号 掲載を 
FAX番号 掲載を  
メール 掲載を  

このページの先頭へ

プログラム

1. 開会(挨拶) 5分
13:00-13:05   5
2. イントロダクション 15
司会:土原一哉(国立がんセEPOC)、高見朋子(PhRMA/MSD)
13:05-13:20 イントロダクション
土原 一哉(国立がんセEPOC)
15
3. Tumor-agnostic developmentの理想と現実/
Tumor-agnostic clinical development - ideal and reality –
150
司会:土原一哉、高見朋子
13:20-13:50 The development of Pembrolizumab in MSI-H cancer: The first tumor-agnostic, histology-independent drug approval
Andrew Joe(Merck)
30
13:50-14:20 Current state of the US clinical practice for MSI-H / dMMR solid tumor beyond organ
Axel Grothey(Mayo Clinic)
30
14:20-14:40 Academia task for tumor-agnostic clinical development and the post-launch
Takayuki Yoshino(National Cancer Center Hospital East)
20
14:40-15:10 Challenges and opportunities in biomarker-based drug development
Michio Tanaka(AstraZeneca)
30
15:10-15:30 討論 20
15:30-15:50 コーヒーブレイク 20
4. Tumor-agnostic developmentを支えるゲノム診断の基盤/
Optimal platform of cancer genome diagnosis to support cancer genome diagnosis to support tumor-agnostic clinical development
70
司会:土原一哉、高見朋子
15:50-16:10 Tumor profiling testの実践:MSK-IMPACT
天野 虎次(北海道大学)
20
16:10-16:30 Journey of a NGS tumor profiling test: FDA approval for FoundationOne CDx
Lakshman Ramamurthy( Foundation Medicine Inc.)
20
16:30-16:50 多様化するがんゲノム診断法に対する薬事規制の対応
矢花直幸(医薬品医療機器総合機構)
20
16:50-17:00 休憩 10
5. 総合討論 60
司会:土原一哉、高見朋子
17:00-18:00 特別発言:がんゲノム医療中核拠点病院の現在と未来(西田俊朗・国立がんセ中央)
6. Mixer 30
18:00-18:30    

このページの先頭へ

第25回フォーラム実行委員会

委員長 土原 一哉(国立がん研究センターEPOC)
副委員長 高見 朋子(PhRMA/MSD株式会社)
委員 稲垣 治(製薬協/アステラス製薬株式会社)
川村 学(PhRMA/日本イーライリリー株式会社)
北川 洋(EFPIA-J/ノバルティスファーマ株式会社)
柴辻 正喜(医薬品医療機器総合機構)
清水 俊雄(国立がん研究センター中央病院)
橋本 順一(製薬協/大塚製薬株式会社)
日野 敬晴(EFPIA-J/アストラゼネカ株式会社)
前田 英紀(製薬協/アステラス製薬株式会社)
山口 研成(がん研有明病院)
山田 雅信(筑波大学)
山中 竹春(横浜市立大学)
吉野 孝之(国立がん研究センター東病院)
渡辺 勝(PhRMA/MSD株式会社)
清宮 啓之(がん研究会)
冨田 章弘(がん研究会)
藤田 直也(がん研究会)

このページの先頭へ