研究会概要

挨拶

第23回の抗悪性腫瘍薬開発フォーラムを、2017年6月24日(土)に開催いたします。

今回のフォーラムは、清水俊雄実行委員長(国立がん研究センター中央病院)、前田英紀副実行委員長(製薬協/アステラス製薬株式会社)を迎え、「がん治療における革新的変化を踏まえた最先端技術と新たな開発戦略の現状、今後の方向性」をテーマに、準備を進めております。

是非ご参加いただけますようお願いいたします。


抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
代表 武藤徹一郎
公益財団法人がん研究会

第23回抗悪性腫瘍薬開発フォーラムについて

近年、ゲノム解析の進化に伴う診断技術の変化は患者エンリッチメントによるプレシジョンメディシンを可能としてきた。最近10年間におけるがん薬剤開発の変遷を振り返ると 1)薬剤の変遷、2)個別化医療を可能とする革新的技術・診断技術の変遷、3)新しいテクノロジーを用いた治療開発の変遷、4)早期新薬開発の試験デザイン・薬剤承認プロセス迅速化/規制要件の変遷などが挙げられるが、これらの最先端技術と新たな開発戦略・臨床的有用性をどのような適切な方法で検証し、効率的に迅速薬事承認へ繋げるかという課題に直面している。また再生医療の実用化を促進するための遺伝子治療最新動向としては、薬事承認取得を目指した治験実施等が欧米諸国と比較して我が国においては依然経験値が少なく、遺伝子治療製品の承認に向けた開発スキーム構築および実践が急務とされている。今回のフォーラムでは、「がん治療における革新的変化を踏まえた最先端技術と新たな開発戦略の現状・今後の方向性」に関して、臨床開発における諸問題を明確にし、日本が世界をリードするがん新薬開発を行うために、産・官・学から各領域におけるエキスパートが一堂に集まり最良の解決策を探索していきたい。

第23回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
実行委員長 清水 俊雄
国立がん研究センター中央病院

このページの先頭へ

開催概要

名称 第23回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
『がん治療における革新的変化を踏まえた最先端技術と新たな開発戦略の現状、今後の方向性』
日時 2017年6月24日(土)午後1時〜6時
会場 吉田富三記念講堂及びセミナー室AB
(公益財団法人がん研究会がん研究所1F)アクセス
〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
最寄り駅:有明(ゆりかもめ)、国際展示場(りんかい線)
参加費 4,000円(ミキサー費含む)
本フォーラムへの参加は事前登録制となっております。
参加受付 参加受付締切:2017年6月2日(金)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
参加申込み
方法
1. HPより参加登録をする。
2. 事務局より締切後、一週間程度で参加確認書をメールにて送信
3. 当日参加確認書を持参の上、参加費を受付で納入
※上記の方法がとれない方は事務局にご相談下さい。
事務局 〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
(公財)がん研究会がん化学療法センター
担当:三原
TEL:03-3570-0661 
FAX:03-3570-0484
E-mail: atdd-frm@jfcr.or.jp

このページの先頭へ

第23回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム参加登録フォーム

締め切りました。

このページの先頭へ

プログラム

1. 開会(挨拶) 5分
13:00-13:05     5
2. イントロダクション 15
司会:清水俊雄(国立がん研究センター中央病院)
   前田英紀(製薬協/アステラス製薬株式会社)
13:05-13:20   イントロダクション
清水 俊雄(国立がん研究センター中央病院)
15
3. プレシジョンメディシンを可能とする革新的技術 80
司会:清水俊雄、前田英紀  
13:20-13:40   悪性黒色腫に対する腫瘍溶解ウイルスを用いたがん免疫療法の開発について
山普@直也(国立がん研究センター中央病院)
20
13:40-14:00   オンコリス社におけるがん免疫療法開発−Telomelysinによる免疫賦活化と次世代腫瘍溶解ウィルスの展望−
浦田 泰生(オンコリスバイオファーマ)
20
14:00-14:20 ctDNAによるリキッドバイオプシー技術を活かす臨床の局面とは?
三森 功士(九州大学別府病院)
20
14:20-14:40   休憩 20
4. 革新的技術を踏まえた新しい開発戦略 150
司会:清水俊雄、前田英紀  
14:40-15:00   革新的translational resarchを基にした新薬開発の現状と今後の展望
設楽 紘平(国立がん研究センター東病院)
20
15:00-15:20   リキッドバイオプシーを用いた臨床試験・開発治験の諸問題・今後の展望 ‐アカデミアから-
高濱 隆幸(近畿大学)
20
15:20-15:40   リキッドバイオプシーの臨床開発(Osimertinibを実例に) -製薬企業から-
長尾 晃一(アストラゼネカ(株))
20
15:40-15:50   休憩 10
15:50-16:10 遺伝子細胞治療実施体制構築の途上にて
久米 晃啓(自治医科大学)
20
16:10-16:30   がん免疫療法・遺伝子治療におけるレギュラトリーサイエンス〜遺伝子治療関連規制
荒戸 照世(北海道大学)
20
16:30-16:50   規制当局から(新技術を用いた開発戦略の変化に関連して)
TBD(PMDA)
20
16:50-17:10   コーヒーブレイク 20
6. 総合討論 50
司会:清水俊雄、前田英紀
17:10-18:00      
7. Mixer 30
18:00-18:30      

このページの先頭へ

第23回フォーラムアンケートまとめ

回答数:34 良かった:21 まあまあ良かった:9 普通:3 評価なし:1

感想・意見

総合評価「良かった&まあまあ良かった」と回答

総合評価「普通」と回答

今後取り上げるべき、興味のあるテーマ

【診断薬・診断機器】

【規制・制度など】

【新しい治療薬・治療法など】

このページの先頭へ

第23回フォーラム実行委員会

委員長 清水 俊雄(国立がん研究センター中央病院)
副委員長 前田 英紀(製薬協/アステラス製薬株式会社)
委員 稲垣 治(製薬協/アステラス製薬株式会社)
大熊 伸一(PhRMA/日本イーライリリー株式会社)
春日 芳朋(EFPIA-J/中外製薬株式会社)
慶徳 理枝子(EFPIA-J/ヤンセンファーマ株式会社)
柴田 龍弘(東京大学/国立がん研究センター)
柴辻 正喜(医薬品医療機器総合機構)
高見 朋子(PhRMA/MSD株式会社)
田村 研治(国立がん研究センター中央病院)
土井 俊彦(国立がん研究センター東病院)
橋本 順一(製薬協/大塚製薬株式会社)
吉野 孝之(国立がん研究センター東病院)
渡辺 勝(PhRMA/MSD株式会社)
藤田 直也(がん研究会)
清宮 啓之(がん研究会)
冨田 章弘(がん研究会)

このページの先頭へ