研究会概要

挨拶

第20回の抗悪性腫瘍薬開発フォーラムを、2016年2月6日(土)に開催いたします。

今回のフォーラムは、高橋俊二実行委員長(がん研究会)、山田雅信副実行委員長(厚生労働省)、稲垣治副実行委員長(日本製薬工業協会/アステラス製薬株式会社)を迎え、「周回遅れからトップランナーへ〜新しい開発に向けた課題と方向性〜」をテーマに、準備を進めております。

是非ご参加いただけますようお願いいたします。


抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
代表
武藤徹一郎
公益財団法人がん研究会

第20回抗悪性腫瘍薬開発フォーラムについて

この抗悪性腫瘍薬開発フォーラムが開始されて10年近くが経過しました。第1回(2006年7月)のテーマは「日本における抗がん剤の臨床開発〜欧米からの周回遅れを挽回するために〜」であり、drug lagの解消策検討が中心でした。その後、主要な癌におけるdrug lagはほぼ解消され、本邦でのFIH試験も増加し、また臨床試験の施行体制も整備されつつあります。

第20回となる今回のフォーラムでは「周回遅れからトップランナーへ〜新しい開発に向けた課題と方向性〜」と題して、創薬オープンイノベーション、医師主導試験の新たな取り組みについて産学官で御活躍中の演者をお招きして講演頂き、この10年間の歴史を踏まえながら、今後抗悪性腫瘍薬の開発で世界に先行するためには何をすべきかについて議論したいと考えております。

第20回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
実行委員長 高橋 俊二
公益財団法人がん研究会

このページの先頭へ

開催概要

名称 第20回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
『周回遅れからトップランナーへ〜新しい開発に向けた課題と方向性〜』
日時 2016年2月6日(土)午後1時〜6時
会場 吉田富三記念講堂(公益財団法人がん研究会がん研究所1F)アクセス
〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
参加費 4,000円(ミキサー費含む)
本フォーラムへの参加は事前登録制となっております。
参加受付 参加受付締切:2016年1月20日(水)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
参加申込み
方法
1. HPより参加登録をする。
2. 事務局より締切後、一週間程度で参加確認書をメールにて送信
3. 当日参加確認書を持参の上、参加費を受付で納入
※上記の方法がとれない方は事務局にご相談下さい。
事務局 〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
(公財)がん研究会がん化学療法センター
担当:三原
TEL:03-3570-0661 
FAX:03-3570-0484
E-mail: atdd-frm@jfcr.or.jp

このページの先頭へ

第20回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム参加登録フォーム

締め切りました。

このページの先頭へ

プログラム

1. 開会(挨拶)5分
13:00-13:05   武藤 徹一郎(がん研究会)5
2. イントロダクション15
13:05-13:20   イントロダクション
煖エ 俊二(がん研究会)
15
3. 創薬オープンイノベーション85
13:20-13:40   日本発のウイルス療法の臨床開発
藤堂 具紀(東京大学)
20
13:40-14:00 オープンイノベーションの成功例:企業から
秋永 士朗(協和発酵キリン株式会社)
20
14:00-14:20   AMEDにおけるジャパン・キャンサーリサーチ・プロジェクトの概要について
佐藤 礼子(AMED)
20
14:20-14:35   特別発言:トップランナーへ「先駆け審査」
河野 典厚(医薬品医療機器総合機構)
15
14:35-14:45   休憩10
4. 医師主導試験105
14:45-15:05   医師主導試験の取り組み(アカデミアが実施する意義)
大野 真司(がん研有明病院)
20
15:05-15:25 GOG/ NRG Oncology Japan での医師主導試験(アカデミアが実施する意義)
松本 光史(兵庫県立がんセンター)
20
15:25-15:45   医師主導試験
井本 昌克(厚生労働省)
20
15:45-16:05   医師主導試験(産業界から期待すること)
稲垣 治(アステラス製薬株式会社)
20
16:05-16:30   コーヒーブレイク25
5. 総合討論60
16:30-17:30    45
    追加発言:岩崎 甫(山梨大学)45
6. Mixer30
17:30-18:00    30

このページの先頭へ

第20回フォーラムアンケートまとめ

回答数:29 良かった、まあまあ良かった:26 普通:2 あまり良くなかった:1

感想・意見

総合評価「良かった&まあまあ良かった」と回答

総合評価「普通&あまり良くなかった」と回答

今後取り上げるべき、興味のあるテーマ

治療法・診断法

臨床研究・臨床開発

治験・臨床試験

資金・コスト・利益配分

業界ほか

第20回フォーラム実行委員会

委員長 高橋 俊二((公財)がん研究会)
副委員長 山田 雅信(厚生労働省)
稲垣  治(日本製薬工業協会/アステラス製薬株式会社)
委員 大熊 伸一(米国研究製薬工業協会/日本イーライリリー株式会社)
春日 芳朋(欧州製薬団体連合会/中外製薬株式会社)
河原 英治(米国研究製薬工業協会/MSD株式会社)
河野 典厚((独)医薬品医療機器総合機構)
藤原 恵一(埼玉医科大学)
前田 英紀(日本製薬工業協会/アステラス製薬株式会社)
土井 俊彦(国立がん研究センター東病院)
橋本 順一(日本製薬工業協会/大塚製薬株式会社)
藤田 直也((公財)がん研究会)
冨田 章弘((公財)がん研究会)
清宮 啓之((公財)がん研究会)

このページの先頭へ