研究会概要

第16回抗悪性腫瘍薬開発フォーラムは予定通り開催します。

挨拶

第16回の抗悪性腫瘍薬開発フォーラムを、2014年2月15日(土)に開催いたします。

今回のフォーラムは岩崎甫実行委員長(山梨大学)、影山慎一副実行委員長(三重大学)、嶋本隆司副実行委員長(米国研究製薬工業協会/MSD株式会社)のもと、「がん治療における免疫療法の位置づけ」をテーマに準備を進めております。

是非ご参加いただけますようお願いいたします。

抗悪性腫瘍薬開発フォーラム 代表
武藤徹一郎
公益財団法人がん研究会

第16回抗悪性腫瘍薬開発フォーラムについて

近年、生体の免疫機能が、がんの発生およびその進展に関して重要な役割を担っていることが明らかになり、様々な免疫担当細胞を活性化することにより免疫機能を賦活してがんの治療に役立てようとする免疫療法は、外科的療法、化学療法、および放射線療法に次ぐ、4番目の治療法として期待されている。最近では、活性化T細胞の輸注による細胞免疫療法や様々ながん抗原を標的としたがんワクチン療法に加えて、免疫機能のチェックポイントに関与する薬剤が種々開発されており、FDAの認可を得た薬剤も登場している。本フォーラムでは、各分野でがん免疫療法に取り組んで来られた先生方に発表を頂き、本邦での免疫療法をどのように評価して、がん治療の中でどのように位置づけするか討論したい。

第16回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
実行委員長
岩崎 甫
山梨大学

このページの先頭へ

開催概要

名称 第16回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム
「がん治療における免疫療法の位置づけ」
日時 2014年2月15日(土)午後1時〜6時10分
会場 吉田富三記念講堂(公益財団法人がん研究会がん研究所1F)アクセス
〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
参加費 4,000円(ミキサー費含む)
本フォーラムへの参加は事前登録制となっております。
参加受付 参加受付締切:2014年1月29日(水)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
参加申込み
方法
1. HPより参加登録をする。
2. 事務局より締切一週間程度で参加確認書をメールにて送信
3. 当日参加確認書を持参の上、参加費を受付で納入
*上記の方法がとれない方は事務局にご相談下さい。
事務局 〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31
(公財)がん研究会・がん化学療法センター
担当:三原
TEL:03-3570-0661 
FAX:03-3570-0484
E-mail: atdd-frm@jfcr.or.jp

このページの先頭へ

第16回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム参加登録フォーム

締め切らせていただきました。

このページの先頭へ

プログラム

1. 開会(挨拶) 5分
13:00-13:05   武藤 徹一郎(がん研究会) 5
2. 基調講演 30
  司会:岩崎甫(山梨大学)、嶋本隆司(米国研究製薬工業協会/MSD株式会社)
13:05-13:35 がん免疫療法の実用化への流れ
珠玖 洋(三重大学)
30
3. Immune Checkpoint Blockadeの開発(USの状況も合わせて) 90
  司会:岩崎甫、嶋本隆司
13:35-13:55   メラノーマ領域における免疫療法(仮)
山崎 直也(国立がん研究センター中央病院)
20
13:55-14:25   FDA breakthrough designation and MK-3475 (anti-PD-1 Antibody)
Joseph E. Eid(Merck & Co., Inc.,)
30
14:25-14:55   討論(演者) 30
14:55-15:05   休憩 10
4. 生物学的治療法、細胞療法、今後の承認へのプロセスについて 110
  司会:岩崎甫、影山慎一(三重大学)
15:05-15:25   がんワクチン
野口 正典(久留米大学)
20
15:25-15:45   免疫細胞療法の最新動向と今後の展開
神垣 隆(瀬田クリニックグループ 臨床研究・治験センター)
20
15:45-16:05 規制当局から
佐藤 大作(医薬品医療機器総合機構)
20
16:05-16:35   討論(演者) 30
       
16:35-16:55   コーヒーブレイク 20
5. 総合討論 30
16:55-17:25   司会:岩崎甫、影山慎一 30
6. Mixer     45
17:25-18:10     45

このページの先頭へ

第16回フォーラムアンケートまとめ

第16回抗悪性腫瘍薬開発フォーラムでは足下の悪い中ご参加いただき、またアンケートに対し大変多くの貴重なご意見をいただきまして、誠にありがとうございました。

これらの貴重なご意見は、フォーラム運営サイドのみではなく、参加いただきました皆様とシェアすることにより、今後のフォーラムの発展により役に立つものと考えております。なお、本アンケート結果のまとめは、同様なご意見をひとつにまとめるなど、必ずしも原文と同一ではないこと、ご了承ください。

今後ともフォーラムへのご支援賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

第16回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム 実行委員会

感想・意見

総合評価「良かった&まあまあ良かった」と回答

総合評価「普通&あまり良くなかった」と回答

今後取り上げるべき、興味のあるテーマ

開発全般

治療薬・治療法

第16回フォーラム実行委員会

委員長 岩崎 甫(山梨大学)
副委員長 影山 愼一(三重大学)
嶋本 隆司(米国研究製薬工業協会/MSD株式会社)
委員 春日 芳朋(欧州製薬団体連合会/中外製薬株式会社)
鈴木 正紀(日本製薬工業協会/第一三共株式会社)
谷合 央(米国研究製薬工業協会/日本イーライリリー株式会社)
中西 健(欧州製薬団体連合会/グラクソ・スミスクライン株式会社)
橋本 順一(日本製薬工業協会/大塚製薬株式会社)
船渡 甲太郎(欧州製薬団体連合会/メルクセローノ株式会社)
前田 英紀(日本製薬工業協会/アステラス製薬株式会社)
山本 景子(米国研究製薬工業協会/MSD株式会社)
冨田 章弘(公財)がん研究会)
清宮 啓之(公財)がん研究会)
藤田 直也(公財)がん研究会)

このページの先頭へ